看護師免許の種類と仕事

看護師は厚生大臣の免許を受けて、患者さんの世話や、診療の補助を行います。准看護師は、看護師と違い、厚生大臣ではなく、都道府県知事の免許を受けて、医師や看護師などの指示のもと、患者の世話や、診療の補助を行います。看護師の種類はこのほかにも、必要な教育課程を修了し、特定の看護分野において熟練した知識と技術を持ち、それを実践できる看護師として、日本看護師協会から、認定を受けた「認定看護師」や、「専門看護師」と言って、日本看護協会専門看護師認定試験に合格し、特定専門看護分野において、卓越した看護能力を認められた看護師もいます。この認定看護師と専門看護師、あまり違いが分かりにくいですが、簡単に説明するならば、「認定看護師」のほうが患者さんとの距離は近いですし、患者さんに対するケアが重要になってくるのに対し、「専門看護師」は、患者さんのケアばかりでなく、看護師の指導育成や病院全体や前割の状況を考えられる力も必要になってきますので、認定看護師は本当に部分的に卓越した能力であるのに対し、専門看護師は、トータル的に医療現場を支えていく能力であると言えるでしょう。この認定看護師や、専門看護師は、国内の看護師・助産師・保健師の免許を取得していれば、目指すことができ、実務経験などが必要にはなってきますが、今後さらに医療の現場に置いて必要とされてくると思いますので、これから看護師としてスキルアップしていきたい人には、見逃せない資格です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です