認定看護師の仕事とは

認定看護師の仕事は特定の看護分野において専門の高い知識と技術を持ち、医療現場の最前線に立って働くということです。
日々進化する医療技術を取り扱う医療現場において、常に高い意識をもって、深い専門知識と高い技術をもった看護師は必要不可欠です。
認定看護師が働く特定の看護分野は現代の日本において特に必要性の高い分野です。
透析も認定看護師の1つです。透析の分野で3年看護師をしていれば受験資格が得られます。透析はブランク明けの看護師さんでも働きやすい分野だと聞いているので、取得しやすい資格の1つではないでしょうか。

たとえば近年治療技術が発達し、「治る病気」となってきた癌の治療に関するスペシャリストとして働く認定看護師がいます。
いくら治る病気になってきた癌とはいえ、癌治療に関わる看護分野で活躍する認定看護師が関わる患者の中にはやはり命に関わる症状を抱えている人がたくさんいます。
そんな患者と家族を支えるのも認定看護師の大切な仕事です。
痛みに対するケアや化学治療に関する特別な知識や技術も多く必要となる看護分野ですし、死と向き合う患者のメンタルな部分のケアを行う必要もあります。
時に患者が自分を見失うこともある癌治療の現場において、スペシャリストである認定看護師の担う役割は決して小さいものではありません。

癌患者以外にも、認定看護師が支えるべき人はたくさんいます。
子どもに関わる看護分野や認知症に関わる看護分野もそのひとつです。
さらに不妊症の治療に関わる認定看護師や新生児集中ケアに関わる認定看護師もいます。

どの分野においても患者と真摯に向き合い、患者が前向きな気持ちで治療にむかえるようサポートするのも認定看護師の大切な仕事なのです。

認定看護師や専門看護師といった資格取得は医療現場で働き、キャリアアップを目指す看護師にとってよい目標となります。
高齢化社会、そして出産年齢の高齢化が進む現代の日本においてこうした看護分野における専門的な技術と知識をもった看護師の需要は高まることが予想されます。

また、看護師自身についても「自分はこの分野で頑張っていきたい」という自分の軸となる分野をはっきりさせることができるというメリットがあります。
もちろん、いくつかの分野を経てキャリアアップしていくのもひとつのキャリアアップの方法としてありますが、より患者の近くで患者の気持ちに寄り添ってケアすることができます。

医療の現場において一番患者の近くにいるのは看護師です。
患者が病院を信頼し、前向きに治療に向かえるようになるためには認定看護師のような専門性の高い看護師の存在はとても大きいといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です